電気工事士で独立するために必要な準備

将来的に歯独立をしたい人

より多くの収入を得よう

電気工事業者の登録をしないと、独立して働けません。 法律で決められていることで、知らなかったというのは言い訳になりません。 警察に捕まったり、周囲からの信頼を失ったりするので独立が失敗するでしょう。 ですから、最初に届け出を出すことは絶対に忘れないでください。

法律を必ず守ること

工夫して工事の発注を増やすことで、収入もどんどん増えていきます。
うまくいけば会社に属して働いていた時よりも稼げるので、たくさん稼ぐことを目標にしている人は独立することを意識しましょう。
しかし、勝手に独立して電気工事士として働くことはできません。
まずは各都道府県に、登録手続きを済ませることを忘れないでください。
これは法律で決められており、届け出を出さないで工事をすると警察に捕まってしまいます。

さらに資金がない状態で、独立することはできません。
独立してから、すぐに仕事を発注されるとは限らず、しばらく仕事がない状態が続くかもしれません。
それでも貯金があれば、生活をしのぐことができます。
資金はたくさんあればそれだけ楽になるので、たくさん稼いでおくことを心がけましょう。
また、経験を重ねることも大事です。
会社に属している時に様々な工事を体験して、知識と技術を磨いてください。
そのような努力が、独立してから仕事を得るために欠かせません。

最初は、以前働いていた会社に相談して仕事を発注してもらうのが良い方法です。
そのためには真面目に働いていたり、独立をサポートしてくれたりする会社に就職しましょう。
不真面目な態度で働いていても、誰も応援してくれません。
真面目に勤務し、独立を応援してくれる人を増やしてください。
さらに独立すると、自分で営業もしなければいけません。
依頼人に説明する際のコツや、注意点なども勉強しましょう。

おすすめリンク

ある程度の資金を確保しよう

全く資金がない状態で、独立しないでください。 それでは独立後にうまく仕事をもらえなかった時に、生活が苦しくなってしまいます。 希望を持って独立するのは良いですが、最悪の事態を想定した上で準備を進めるのが賢い方法です。 ですから一生懸命働き、資金を貯めましょう。

最初はサポートしてもらおう

スムーズに独立するために、以前働いていた会社からのサポートを受けましょう。 しかしどこの会社でもサポートしてくれるわけではありませんし、サポートされるかどうかは、本人の勤務態度が大きなカギを握っています。 真面目に働いていれば、サポートしてくれるはずです。