電気工事士で独立するために必要な準備

>

より多くの収入を得よう

3年以上の経験を持っている

最低でも必要な準備は、届け出を出すことです。
自分が暮らしている都道府県に電気工事業者の登録をしなければいけないことは、法律で決められています。
無登録で電気工事をしたり、営業を行ったりするとトラブルが起こるので気を付けましょう。

登録する際は書類を提出しますが、種類や手続きの内容はそれぞれの都道府県によって異なります。
事前に都道府県のサイトを見て、把握しておきましょう。
さらに電気工事業者の登録ができるのは、第二種電気工事士、または第一種電気工事士の免許を取得して、3年以上の電気工事実務経験がある人だけです。
口で言っても信用してもらえないので、以前働いていた会社から実務経験証明書という書類をもらってください。

独立した方が良い理由

免許を取得した後は、とりあえずどこかの会社に就職して経験を重ねると思います。
しかしそのまま働いているよりも独立して、自分で仕事を探した方がたくさん稼ぐことができます。
ですから一定の経験を積んだ後は、独立に向けて準備をする人が増えています。
たくさんお金を得ることができれば生活が豊かになりますし、営業をして仕事を受け、工事を行うと達成感を味わえます。

もっと仕事に対してやりがいを得られるので、独立することを視野に入れても良いでしょう。
しかし、独立は簡単なことではありません。
届け出を出すだけでなく資金を調達し、周囲に電気工事を行っているとアピールすることが大切です。
そのために早い段階から独立に向けて、準備を始めましょう。